イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

パブリック フットパス

イギリス情報HomeUK基本情報>パブリック フットパス

パブリック フットパス

イギリスの郊外のパブに昼飯を食いに行く。
「ごめんなさい、食事は夜しか出してないの。」
しかたなく、歩いて15分の道を空腹を感じつつコテージに戻る。
1度目にこのパブに来た時は、昼前で開いてなかった。
2度目の今回も食事にありつけなかった。
スーパーまでは車で10分以上。
空は曇りに小雨。
気温は10℃をやや超えたくらい。
5月も末だというのに、吐く息が白い。

「これなんだ?」
歩道の片側に、ぽつんと現れた「Public Footpath」という、古ぼけた木の板。
「そういえば、ここに来る最中にも同じ様なのあったね。」
「ここ通ったら、近道できるんじゃない?」
「でもこれ、入っていいのかね?」
「Public だから、いいんだよ、きっと。」
男3人、片田舎でちょっとした冒険心にかられ、Public Footpathに踏み入る。
パブリック フットパス


「畑だね。麦かな?」
「きっとビール作るんだよ。」
適当な想像。

麦畑


小雨の天気のわりに、土の道はぬかるみも無く、足取りは軽い。
畑ということは、誰かの私有地な訳だ。
あたりを見回すが、自分達以外誰もいない。
それにしても、広い。


「行き止まりだ。」
「いや、ここを乗り越えて行けるよ。」
木の板を乗り越えた先は、別の畑。
「今度は何かな?」
「これ、ジャガイモだな」
凄い量だ。
イギリスでは、料理にチップスがつき物。
チップスとは、日本で言うフライドポテト。
イギリスに住むのであれば、イモ嫌いは大変かな。


「あれ、道が・・・」
しばらく歩き続けると、道が完全に消えた。
あたりを見回し、取りあえず開けている方向を目指す。
次第に高くなる雑草。
人が通った痕跡のかけらもなし。
「痛!」
ジーパンを貫く、強烈なトゲ。
「きっと日本人でここを通ったのは、ウチらが最初だ。」
・・・意地になり、引き返せない男3人。


鉄の柵を乗り越え進む。
完全に私有地だ。
もはやPublic footpathでも何でもない。
「馬だ。」
木の柵で囲まれた中に、数頭の馬がいる。
一匹は見事な白馬だ。
じっとこちらを見ている。
・・・その横で、おじさんも怪しそうにこちらを見ている。
そろそろ引き返す潮時だろう。


結局、ぐるっと周って元のジャガイモ畑に。
最初に踏み入ったPublic Footpathを通り、元来た歩道に帰り着く。
小1時間の冒険の収穫は、裾が泥だらけになったジーパンと
拾ったジャガイモ一個。



パブリック フットパス

Public Footpath(パブリック フットパス)



いわゆる、遊歩道のこと。
日本のそれとは異なり、私有地であっても通ることが可能な道。
多くの場合、写真のような木の標識が道しるべのように立っている。
Public Footpathにはちゃんと地図も存在する場合があので
きちんと調べてあるけば、前述の男3人のように迷うことも無いだろう。
イギリスにはこのようなPublic Footpathがいたる所にある。
興味があったら、少し道からそれて、自然を満喫するのもいいかもしれない。
ただし、道に迷わないように!


今回の地図。
迷走図

赤線・・・今回歩いた道

緑線・・・歩く予定だった道

灰色・・・ちゃんとした道



| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved