イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング


日本史上のイギリス

イギリス情報Home UK基本情報>日本史上のイギリス
Page 1 2 3 4 5 6

イギリス公使館焼き討ち事件



1862(文久2)年12月、品川御殿山に建設中だったイギリス公使館は、長州藩士高杉晋作らによる攘夷活動の一環として放火される。

もともと東禅寺(港区高輪)に設置されたイギリス公使館だったが攘夷派の志士に相次いで襲撃されたことにより、品川御殿山に移転のため建設中で、完成を間近にしての事件だった。

何故こうも狙われたのかというと、別にイギリスが嫌われていたからではない。

武力をもって開国させられた屈辱感と幕府の弱腰に対する憤懣、当時流行りの尊王思想(天皇を尊ぶ思想:当時の孝明天皇は病的なまでの外国嫌いだった)、それに島国独特の攘夷的感情などから、イギリス人に限らず、ほとんどの外国人にとって、当時の日本は危険極まりない国であった。

ある外国人は、腰に2本の刀をさした日本のサムライの横を通り過ぎた後、自分の命がまだあった幸運を神に感謝した、などと言っていたくらいだ。

ちなみに、イギリス公使館焼き討ちには、伊藤俊輔(のちの博文。初代総理大臣)、井上聞多(のちの馨。初代外務大臣ほか、総理以外の大臣を歴任)、品川弥次郎(農商務大輔、内務大臣など)らといった、維新後著名となった人物も多く参加していた。
  日本史上のイギリス サブメニュー
1)日本史上のイギリス
2)留学のススメ
3)生麦事件
4)イギリス公使館焼き討ち事件
5)薩英戦争
6)下関戦争


 
next


| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2018 UK info all rights reserved