イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

シェイクスピアの故郷

イギリス情報Home UK地域情報情報> シェイクスピアの故郷
 

Stratford-upon-Avon - シェイクスピアの故郷 -

シェークスピア 16世紀のイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare 1564〜1616)の本を1冊は必ず誰もが読んでいることでしょう。

シェイクスピアは若い頃にStratfordを訪れる旅芸人の演劇に魅せられて本人も役者としての道を進んでいったのではないかと言われている。
その後ロンドンで役者として、そして劇作家として成功を修めたシェイクスピアは生まれ故郷のStratfordに広大な土地を買い、晩年はStratfordで過ごした。

今回はシェイクスピアの生地であるStratford-upon-Avon(ストラットフォード・アポン・エイボン)を紹介する。

時間にゆとりのある方やシェイクスピア大好きな方は、Shakespeare生誕の地Stratford-upon-Avonを是非訪れてみて欲しい。 あたかもシェイクスピアが生存していた16世紀にタイムスリップしたような気分になれるだろう。

交通の便はロンドンの数ヶ所のバスターミナルからStratford-upon-Avonへの長距離バスあり。レンタカーではモーターウェイ(高速道路)を利用すれば北に約1時間程度。


Stratford-upon-Avonは中世の時代にAvon川水路での交易を中心に発達した街で、シェイクスピアの時代には近隣の農村から週末ごとにマーケット(市場)に人が集まって来ていたようだ。 その名残が現在も息づいていて水路に廻らされた緑豊かな田園地帯だ。 

今でもその当時と大して変わっていないであろうチューダー様式の木造の家並みが大切に保護・管理されている。
例えば、シェイクスピアが7歳頃から通い出したと言われているグラマースクールもChurch StreetとChapel Laneの角に今も建っている。もちろん、ヘンリーストリートの「シェイクスピアの生家(Shakespeare's Birthplace)」も見逃すことはできない。シェイクスピアの生家にはシェイクスピア・センターが隣接しており、彼の生い立ちや劇作品などを知ることができる。シェイクスピアの背景をあまり知らない人はここからスタートするのがオススメ。

シェイクスピア劇−RSC
ストラットフォード・アポン・エイボンと言えばRSC(Royal Shakespeare Company、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー)の本拠地。
RSCのプレジデントはPrince of Wales(チャールズ皇太子)が務めている。
Judi Dench(『恋におちたシェイクスピア 』etc)、Sir Ian Holm(『ロード・オブ・ザ・リング』のフロドの叔父さんのビルボ役etc)、Sir Ian McKellen(『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフ役で有名)、Alan Rickman(『 Harry Potter』シリーズのSnape役で有名)、Kenneth Branagh(『Othello』、『Hamlet』などシェイクスピア映画の俳優兼脚本、監督などとしても活躍)など数々の有名俳優・女優を世に送り出していることでも有名。
RSCの劇場は、Stratford-upon-Avonには3つ。(その他、London、Newcastleなどにもある)。メインシアターでプロセニアムアーチ が美しい"Royal Shakespeare Theatre"(1412席)、エリザベス様式の"Swan Theatre"(432席)、そして"The Other Place"。("The Other Place"は現在クローズ。2006年7月には、1000席の規模を持つ"The Courtyard Theatre"がオープン。"Royal Shakespeare Theatre"の改修を行う間は"The Courtyard Theatre"がメインになる予定。)

 

公演は夕方7時半〜。マチネ(昼間の公演)が1時半〜行われることもある。演目やスケジュール、チケットブッキングはRSCのサイトから可能。シートはCircle Superseatsで(£38〜)、バルコニー席だと(£8〜)とお手頃。演目はシェイクスピア劇は『Romeo And Juliet』、『Much Ado About Nothing(空騒ぎ)』、『Henry VI』、『The Tempest』、『Julius Caesar』、『Julius Caesar』などおなじみのものが多い。シェイクスピア以外でも『Great Expectations』(Charles Dickens)、『The Canterbury Tales』(Geoffrey Chaucer)なども公演していることもある。
RSC(英語)チケット購入

Stratford-upon-Avon以外でシェイクスピア劇の見られる場所
RSCのLondon、Newcastleの拠点はもちろん、シェイクスピア劇を演じる場所はいくつかある。例えば、ロンドンならテートモダン(美術館)に隣接してShakespeare’s Globe Theatreというオープンエアー(屋外)の劇場があり 夏場(5月〜9月)にはシェイクスピアの作品を上演している。
また、StaffordshireのStafford FestivalではStafford Castleでオープンエアーのシェイクスピア劇を上演することもあり、各地域でいろいろなイベントが行われている。

Link:
Shakespeare Birthplace Trust

June 2005 Mizzy
Last updated Tommie(28 Dec 2005)




| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved