イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

ハロウィンとガイ・フォークス・デー

イギリス情報HomeUKカルチャー>ハロウィンとガイ・フォークス・デー

ハロウィンの由来



10月31日は仮装パーティで有名なハロウィン(Halloween)ですね!
イギリスでも子供たちがノックをしてお菓子をおねだりしに来ます。
さてさて皆さんご存知でしたか?ハロウィンの由来は一見アメリカが発祥かと思われますが、実はイギリス&アイルランドなのです!
もっと詳しく言うと、古代ケルトの大晦日の夜に由来しているのです。

古代、イギリスとアイルランドの地にはケルト族が住み、ドルイド教(Druids = ドルイドと呼ばれる司祭/予言者などの知識階級を中心とした原始宗教)が信じられていました。
古代ケルトの暦では11月1日から10月31日が1年とされ、新年の11月1日はSamhain (またはSamain。ケルト語で「end of summer」の意。 発音はサムウェイン/サウェン)と呼ばれていました。

夏が終わり、暗く寒い季節に入れ代わるこのSamhainの日、恐ろしい災いを引き起こす神々が人間の前に現れると信じられ、古代ケルト人は、この神々をなだめるためには、いけにえを捧げなければならないと信じていたのです。
Samhainの前日、すなわち古代ケルトの大晦日である10月31日には、死者の魂が家に戻り、悪霊や魔女がさまよい歩くとされ、人々は、これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いたり、家々から食べ物を集めて捧げものをしたりして悪霊を追い払おうとしました。

この習慣が、ハロウィンに変化していったといわれているのです。
この大晦日の夜は、ちょうど日本のお盆のように、死者の魂が家に戻り、 悪霊や魔女が出ると信じられていました。
一言で言うと、ハロウィンとは西洋版「お盆」のようなもの。

Halloween」は、「All Hallows' Eve」または「All Hallows' Evening」ともいわれ、 キリスト教の聖人を祝う万聖節(All Saint's Day=11月1日)の前夜祭と言う意味。
ハロウィンは現代では宗教的意義は忘れられてしまっていますが「古代ケルト」と「古代ローマ」そして「キリスト教」の3つの文化が融合して生まれたものなのです。

アメリカでハロウィンが盛んなのはアイルランドからの移民による影響だそうです。
ちなみに「Trick or Treat!」と子供が叫び、お菓子をおねだりするのは、中世時代の農民が祭り用の食料をもらって歩いたことのなごりだそうです。

ジャックランタン

ハロウィンには欠かせないのが、かぼちゃをくり抜き、ろうそくを入れたもの。
これはジャックランタン(Jack-o’-Lantrern)と呼ばれるもの。
これにもきちんと由来があるのです。

昔、アイルランドの地に意地の悪い飲んだくれのジャックという男が悪魔までをも騙し、彼の死後天国にも地獄にもう行けない魂が明かりを灯したちょうちんとともに罪を償うまであの世とこの世を行き来し、暗い道をさまよい続ける羽目になったというお話しです。
つまり呪われ、さまよう霊魂の代名詞ですね。

さて、ハロウィンのイベントはアメリカのほうが盛ん。
現代のイギリスではハロウィンより「ガイ・フォークス・デー」(11月5日)の方が盛んとなり、ハロウィンはこちらに吸収されたような扱いになっているのです。

ハロウィン

ガイ・フォークス・デーとは?



その起源は今から400年前に遡ります。
1603年にエリザベス一世が跡継ぎを残さないまま崩御し、スコットランドのメアリー女王の息子である「スコットランド王ジェームズ六世」が、「イングランド王ジェームズ一世」としてイングランドとスコットランド両方を治めることになったのです。

カトリック教徒の間で、自分たちをを弾圧するジェームズへの不満が高まり、国王を暗殺しようという計略が持ち上がりました。
1605年11月5日に、国会に爆弾をしかけて、国王ジェームス1世を殺害しようと考えた集団がありました。

それがガイ・フォークス(Guy Fawkes)を含む13人のカトリック教徒による陰謀「Gunpowder treason Plot」でした。
この事件の首謀者は、カリスマ的リーダー、ロバート・ケイツビー。
ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)を開会式の日に爆破することによって、劇的なかたちで国王ジェームズ一世と国会議員たちを亡きものにしようと企んだのです。
彼らは36樽の火薬(gunpowder)を用意し、貴族院の地下室に隠しておき、実行の日を待っていました。
幸い、この爆破計画は前日に見つかり失敗に終わりました。

このことを記念する日が、11月5日のガイ・フォークス・デーです。
この日が近づいてくると、日暮と共にあちこちから花火の音が、深夜まで響いてきます。
そして、ガイ・フォークス・デーには、ガイ・フォークスの人形を作り、それを燃やしたり、大きな花火大会やたき火が各地で催されます。

ガイ・フォークスは、1570年ヨークシャーに生まれプロテスタントとして育てられましたが、後にカトリックに改宗しました。
スペイン軍に傭兵として加わっていたこともありました。
計画実行前、仲間のひとりフランシス・トレシャムは、カトリックの国会議員たちを巻き込むことに反対、彼の義兄でカトリック議員である第四代Monteagle男爵ウィリアム・パーカーに、11/5には国会に近づかないよう伝える匿名の手紙が届けられました。
Monteagle卿の報告によってこの陰謀が明るみに出てしまったのです。

開会式前夜に国会議事堂が徹底捜索され、11月5日未明に36樽の火薬の点火係として地下室に潜んでいたガイ・フォークスが発見され、その場で逮捕されました。
拷問などにより獄中で死亡した者たちを除いて、残りのメンバーは1606年1月末に公開処刑されました。
この事件の名残で、イギリスでは現在でも国会の開会式前には、"the Yeomen of the Guard"と呼ばれる衛兵たちによってウェストミンスター宮殿中を大捜索することが伝統となっているのです。
本人たちも現代まで引き継がれて行事になっているなんて知ったら驚くでしょうね・・・。

ちなみに英語で「男」を意味する「guy」という言葉はこの人物の名前が由来なんだそうです!
スコットランド地方では政府に不満があった地域もあり、ガイ・フォークスを英雄として祭られているのです。
May October 2006


| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved