イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

キンキーブーツ

イギリス情報Home UKカルチャー>キンキーブーツ
 

キンキーブーツ Kinky Boots



Kinky(キンキー)とは英語で「@変態の、性的に倒錯した A奇妙な、変わり者の」と言った意味。つまり直訳すればキンキーブーツ=変態ブーツ??」

2006年サンダンス映画祭オープニングでも高く評価されたKinky Boots『キンキーブーツ』。イギリスの田舎町と大都会ロンドンで暮らす若者のハートウォーミングストーリーが、いよいよ日本で公開されます。今回もUKINFOスタッフが一足お先に試写会に行って参りました。

キンキーブーツ あらすじ

靴工場の4代目、倒産寸前の家業を継いだはいいものの何もできない優柔不断でダメ男のチャーリーと、ソーホーでドラッグクイーンとして活躍しながらも、勘当され、父の死に目に会えなかった悲しい過去を持つローラ。

華やかな世界に生きるローラ。女のように着飾っても身体(体型&足のサイズ)は男。そう、ドラッグクイーン達の悩みは、その身体の重さを支えることのできないブーツであった。

これはニッチ産業!とひらめいたチャーリーは、ローラに専属デザイナーとしてデザインを依頼し、1ヵ月後に迫ったミラノでの見本市に出展するため、再起をかけた挑戦に挑むのであった。

だが、しかし!二人の道のりは平坦ではなかった。工場の従業員の偏見の目。そして、資金難や、従業員との摩擦。そんな試練を乗り越え二人は成長していく。

やむなく従業員を解雇せざるを得ない苦境に立たされ"What can I do?"(一体、僕には何ができる…?)と、何も解決策を見出せなかったチャーリー坊や。それが、クビにした若い従業員ローレンの、「他社の社長は乗馬靴や登山靴でニッチ市場を開拓して、”僕には何ができる”なんて座って嘆いていなかったわ!!」の一言によりどんどん成長していくのです。

 

キンキーブーツ

キンキーブーツ

そして、ニッチ産業を見つけてからは、"What I can do!" (僕にはこれができる!)という自信に変わって来ます。

あらすじはほとんど知らなかったので、題名だけで、(あ〜、イギリスのお得意なコメディか!)と思っていたらこれが意外と感動作。思わずほろっと涙する場面もありました。もちろん、ガハハ系で笑える場面もたくさん。

出演者も有名スターじゃないところがこれまたいい。主役のチャーリー役はオーストラリア出身のジョエル・エドガートン。見た目はダメ男っぷりが様になる地味系だけど、後半には仕事のできる男に変身、イケ面にすら見えてきます。そして、ローラ役は、キウェテル・イジョフォー。ウィッグとブーツを身にまとい舞台で歌い踊る姿はこういう女性がいてもおかしくない(?)と思うくらい美しい。

キンキーブーツ』は ハリウッド映画にはない、イギリスらしい「じわじわと感動する」傑作でした。

「 ローラのような性同一性障害の人」、「仕事もプライベートもぱっとしない若者達」、「ニッチ市場を見つけ大成功を収めたいという野心を持つ若手男性社員」、「男張りに働く仕事熱血ウーマン」の方々、是非見てみて下さい!

特に世の女性の皆様、ローラが言っていました。セクシーさの秘訣は"ピンヒール"らしいですよ。(やばい、最近ヒール履いてない…)

その他、ローラが映画の中で聞いていてドキドキする爆弾発言を何度かします。

「Drag QueenとTransvestiteの違いはね・・・」

「チャーリー坊や、あんたが作るのは2本の長い筒状の○○○なの!!!!こそが○○○!!!」(ちなみに赤い靴は本当にそういう意味がある場合があるみたい、、、ご注意を!)

その他皆さんも是非見つけてみて下さいね。

  kinky boots
キンキーブーツ 豆知識
ノーサンプトン Northampton
イングランド中部に位置し、古くから製靴工場が多いことでも知られる町。『キンキーブーツ』が撮影された”トリッカーズ”を始め”チャーチ”など、職人技の施された高級紳士靴を作る製靴工場が多い。

ソーホー Soho
ロンドンで歓楽街として有名。ピカデリーサーカスや中華街のすぐ側なので、行った事がある人も多いのでは。日本で言えば新宿歌舞伎町みたいなイメージでしょうか。おしゃれなレストランやカフェ、映画会社のオフィスが並ぶ先端のエリア、ゲイコミュニティが内包されている場所でもある。

映画は実話!
ノーサンプトンの創業110年以上のブルックス社長スティーブ・ペイトマン氏。キンキーブーツがニッチ産業と気づいた氏が、男性用のブーツやハイヒールを作りイギリス中で話題になったという実話が元となっています。今でもブルックスのHPではペイトマン氏自身もモデルになり、ヒールを履いていらっしゃいます。

キンキーブーツ キャスト・スタッフ
ジョエル・エドガートン(チャーリー・プライス)Joel Edgerton
オーストラリアの人気TVドラマシリーズ「The Secret Life of Us」のウイル役で人気が出る。
『スター・ウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(02)・『スター・ウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(05)のオーウェン・ラーズ役でも有名。オーストラリアからイギリス、ハリウッドへと活躍の場を広げている。

kinky boots キウェテル・イジョフォー (ローラ)Chiwetel Ejiofor
アフリカ系イギリス人がロミオを演じたことでも話題になったナショナル・シアターでの「ロミオとジュリエット」は一躍キウェルの名を演劇界に知らしめた。『ラブ・アクチュアリー』(03)、『メリンダとメリンダ』(04)など一つの役に留まらない幅広い活躍を見せる。『キンキーブーツ』のローラ役では、英国インディペンデント映画賞、主演男優賞にノミネートされた。

サラ=ジェーン・ボッツ(ローレン)Sarah-Jane Potts
プライス社の若手従業員で、チャーリーニッチ市場参入へのきっかけを与えるローレン役。
『フェリシティの青春』(01)、『NYPD Blue』(02)などアメリカの人気TVシリーズにも出演。マーク・ロビンソン監督の『Breaking Dawn』(04)、『キンキーブーツ』と映画出演の機会も増えている。

リンダ・バセット(メル)Linda Bassett
イギリスの典型的な働く主婦像を演じているのは『カレンダー・ガールズ』(03)に続き、存在感が光るリンダ・バセット。『ぼくの国、パパの国』(99)では英国アカデミー賞にノミネートを受けている。最新作『Colour me Kubrik』ではジョン・マルコビッチと共演する。
ユアン・フーパー(ジョージ・プライス)Ewan Hooper
ニック・フロスト(ドン)Nick Frost
ジャミア・ルーパー(ニコラ)Jemima Rooper

監督:ジュリアン・ジャロルド
製作:ニコラス・バートン、スザンヌ・マッキー
脚本:ティム・ファース/ジェフ・ディーン

キンキーブーツ 公式HP
http://www.movies.co.jp/kinkyboots/
© Buena Vista International.
8月26日(土)より シャンテシネ他全国順次ロードショー

Tommie 8/8/2006
キンキーブーツ・関連商品
Kinky Boots
キンキーブーツ オリジナルサウンドトラックを買う

キンキーブーツが好きな人はこれもオススメ♪
銀河ヒッチハイク・ガイド(UKINFO内記事)
フルモンティのDVDを買う
フルモンティ(UKINFO内記事
ローラ役 キウェテル・イジョフォー出演作品
ラブアクチュアリーのDVDを買う
 
 


| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved