イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
 
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

Wimbledon (ウィンブルドン)

イギリス情報HomeUKカルチャー>Wimbledon (ウィンブルドン)
Page 1 2 3 4

Wimbledon 全英オープンテニス2005 
−6月20日(月)〜7月3日(日)


Wimbledon キルスティン・ダンストの主演する映画
『Wimbledon』(2004年/米)も公開され、今年のウィンブルドンはますます熱い!


テニスの四大大会の中でも最も歴史と伝統のある全英テニス−ウィンブルドン選手権。今年(2005年)のウィンブルドン選手権は、6月20日(月)〜7月3日(日)の日程で催される。

ウィンブルドンは、芝のコート(Lawn Court=ローンコート)。ローンコートは、ボールが滑りやすく、球足が速くなる特徴がある。選手にとっても、バウンドの鈍いクレーコート(Clay Court=赤土のコート)で行われる全仏大会(パリ・ローランギャロス/毎年5月中旬開催)から、速度が出るローンコートへの切り替えが難しいとも言われる。クレーはラリーに強く耐久力のある選手が強い傾向があるが、ローンコートの場合、スライス回転で滑らせるサーブとボレーがもっとも有効と言われる。また、セカンドサーブだと相手にネットに出られる可能性があるため、ファーストサーブを決めることがもっとも重要なので、強力で正確なサーブを持つ者が有利とも言われる。

今年のウィンブルドンは、優勝賞金も昨年より3.9%アップ、男子と女子の賞金差も更に縮まり、男子シングル優勝者には、£630,000、女子シングル優勝者には、£600,000が贈られる。1ポンド200円としても、男女ともに1億2千万円以上の賞金だ。(参考:男子シングル準優勝£315,000、女子シングル準優勝£300,000と準優勝の額はいきなり半分だから、優勝と準優勝じゃ大違い!!)
Bjorn Borg とPete Samprasに続き 3年連続優勝の快挙を狙うRoger Federer(ロジャー・フェデラー/スイス)と、昨年Serena Williamsを下し、至上2番目の若さで優勝したMaria Sharapova(マリア・シャラポワ/ロシア)の連続優勝となるのかが見もの。

今年は一体誰がウィンブルドンを制するのか!?要必見!

Tommie  6/6 2005
 

Wimbledon(ウィンブルドン) サブメニュー

1)ウィンブルドン
2)現地で観戦
3)予備知識
4)歴代チャンピオン
5)2005年の記事

 

 

| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved