イギリス情報サイト UK Info

イギリス情報サイト

Google
Web UK infoサイト内
Home About UK info News Privasy Policy Site Map Link
イギリス基本情報
イギリス地域情報
イギリスカルチャー
イギリス電話事情
イギリス語学・留学情報
イギリス旅の予約
ショッピング

W杯 イングランド代表特集

イギリス情報Home UKカルチャー>W杯 イングランド代表特集
Page 1 2 3 4

ワールドカップドイツ大会 イングランド代表特集



サッカーW杯ドイツ大会・イングランド試合日程
日にち 対戦相手 会場
6月10日(土) 15:00
日本時間 6月10日(土) 22:00
パラグアイ フランクフルト
6月15日(木) 18:00
日本時間 6月16日(金) 1:00 (早朝)
トリニダード・トバゴ ニュルンベルク
6月20日(火) 21:00
日本時間 6月21日(水) 4:00 (早朝)
スウェーデン ケルン

2006年6月9日から、いよいよサッカーW杯ドイツ大会が開幕します。
サッカー発祥の地イングランドは、「サッカーの母国」と呼ばれながら、自国開催の1966年イングランド大会以外、優勝がありません。
前回の2002年日韓W杯では、「死のグループ」と呼ばれるF組に属し、アルゼンチン、スウェーデン、ナイジェリアといった強豪国の中からみごと決勝トーナメントに勝ち進むも、ブラジルに敗れベスト8どまり。
今大会は、パラグアイ、 トリニダード・トバゴ、スウェーデンと同じB組となりました。
前大会に比べればくみし易いグループですが、油断は禁物です。

イングランド・W杯過去の成績
大会 年度 成績
第1回 ウルグアイ 1930  
第2回 イタリア 1934  
第3回 フランス 1938  
第4回 ブラジル 1950 1次リーグ敗退
第5回 スイス 1954 ベスト8
第6回 スウェーデン 1958  
第7回 チリ 1962 ベスト8
第8回 イングランド 1966 優勝
第9回 メキシコ 1970 ベスト8
第10回 西ドイツ 1974  
第11回 アルゼンチン 1978  
第12回 スペイン 1982 2次リーグ敗退
第13回 メキシコ 1986 ベスト8
第14回 イタリア 1990 ベスト4
第15回 アメリカ 1994  
第16回 フランス 1998 ベスト16
第17回 韓国・日本 2002 ベスト8
  W杯 イングランド代表特集 サブメニュー
1)スティーブン・ジェラード
2)ウェイン・ルーニー

3)フランク・ランパード
4)リオ・ファーディナンド



 

W杯に向け、このページではイングランド代表の注目選手にスポットをあて、紹介していこうと思います。
予備知識を仕入れてから観戦すれば、試合の面白味も倍増すること間違い無し!
第1回に紹介するのは、スティーブン・ジェラードです。


スティーブン・ジェラード
( Steven Gerrard )

生年月日:1980年5月30日
所属チーム:リバプール(イングランド)
ポジション:MF
出身:ウィンストン
身長:186cm
体重:80kg


イングランド・リバプールFC所属のMF。
リバプールユースチームからの生え抜き選手。
昨年のUEFAチャンピオンズリーグでは優勝の原動力となり、ビッグイヤー(チャンピオンズリーグの優勝カップ)を掲げたジェラードの勇姿は記憶に新しい。
2005/06シーズンもキャプテンとしてリバプールを引っ張る。

2005年12月に日本で開催された、FIFAトヨタカップ・クラブ選手権では、ヨーロッパクラブチームの代表リバプールを率いて来日、ジェラード自身も強烈なダイレクトボレーを決め、会場を沸かせた。

中盤での強いあたりと、正確なロングフィード、そして強烈なミドルシュートが持ち味。
特に、インサイドキックは常人離れしたキック力で、力強く正確なパスやシュートを繰り出す。
リバプールはもちろん、今やイングランド代表でも欠かすことのできない中盤の要の選手。
彼とフランク・ランパードで組むイングランドの中盤は、世界でも屈指と言って過言ではない。

今は恵まれた体格となったジェラードだが、実はユース時代の身長は、同じくリバプールのユースに所属していたマイケル・オーウェン(現在約173cm)とさほど変わらなかった。
ところが一般の人の成長期が終わってもジェラードの身長は伸び続け、その急激な伸びに体が追いつかず、そのため怪我と戦いながらのプレーを余儀なくされた。

活躍が期待された前回の日韓ワールドカップでは怪我のために出場できず、イングランド監督のエリクソンをはじめ、多くのファンをがっかりさせた。
それだけに今回のワールドカップでのジェラードの活躍を待ち望んでいるファンも多いことだろう。
筆者イチ押しのジェラード。
活躍を期待したい。
next


| Home | About UK Info | News | Privacy policy | Site Map | Link |
| イギリス基本情報 | イギリス地域情報 | イギリスカルチャー | イギリス電話事情 | イギリス留学・語学情報 | 旅の予約 | ショッピング |

2017 UK info all rights reserved